仲間募集!

これからもホームページを活用して湧水保全について啓発していきたいと思っておりますが、このホームページの社会に対する影響力は微々たるものと思っています。

三宝寺池や石神井川流域の湧水を保全し、復活させていきたいと考えると、ホームページだけではなく、市民団体として人々に普及啓発活動を行い、行政に提言をしていく必要性があると思っております。

もし市民活動で湧水復活をさせたとなれば、失われゆく都市の自然を復活した画期的な事例となります。

また、三宝寺池は武蔵野三大遊水池(三宝寺池、善福寺池、井の頭池)の中で計画中の東京外郭環状道路が最初に付近で開通する場所です。外環道の開通は、それぞれの流域の地下水脈に影響を与える可能性がある中、善福寺池、井の頭池付近での計画が具体化する前に三宝寺池付近で地下水に配慮する事を計画に盛り込む要求をすることは、東京都の河川や湧水全体を保全していく上でも非常に重要な事だと考えております。

もともと日本人は伝統的な生活を通して自然と共生関係を築き、豊かに生活していました。湧水を保全する意識を持ち、水や自然が豊かなまちの中で生活する事を石神井や練馬から実践する事で、自然と共生することのすばらしさを全国に発信していきましょう!

下記に団体の構想を記しますので、ご興味を持っていただければ幸いです。


【武蔵野台地・三宝寺池の湧水復活を考える会(仮)構想】


目的

・三宝寺池を中心とした石神井川流域の湧水復活
 ※場合によっては善福寺池、井の頭池周辺も範囲とする
当面の目標

・流域の雨水浸透桝設置率の向上
・アスファルトを雨水浸透性の高いものの設置の要求
・流域の土壌を豊かなものにする
事業

湧水についての勉強会
・湧水保全、雨水浸透桝設置についての普及啓発活動
・外環道計画について市民としての意見書の提出
  など
募集メンバー

・年齢不問、練馬区・杉並区・世田谷区を中心に首都圏在住の方

お問い合わせ先

 shakujii_wakimizu●yahoo.co.jp 岡田
 ※迷惑メール防止のため、●を@に変えてお送りください。