武蔵野台地の湧水

武蔵野台地の川の湧水はどこから来るの?

「川の水はどこからの来ているの?」

と聞かれれば、

「それは地下から湧き出る湧き水である」

と答えられるでしょう。

 石神井川も、三宝寺池も自然に出来たものなので、現在は枯れてしまったものの、その水は水道水などではなく湧き水によって成り立っていました。

 では、湧き水はどこから来るのかという問いに対する答えを皆さんは考えたことがありますか?もちろん湧き水は雨が地下に染み込んだものですので、その源は雨水へと遡れるわけですが、雨が降らなくなってしまったわけではないのに三宝寺池の湧き水が枯れてしまったということは、雨水から湧き水になる過程のどこかで何らか変化が起きてしまったということが言えるわけです。

 一体、何が原因で三宝寺池の湧き水が枯れてしまったのか。

 それを知る為に、まずは石神井川をはじめとした武蔵野台地の河川の歴史を振り返ってみましょう。

そもそも石神井川ってどんな川なの?

扇状地の上に出来た武蔵野台地

まとめ:石神井川の水はどこから来るのか